小噺

虚構を少々

2017/03/30 晴れ ときどき 曇り

起床予定時刻の1時間前に目が覚める。外から妙な音がして寝直せないので、そのままいつもの時間を迎える。体を起こすのがとても億劫。薬缶のけたたましい音。鳴ったっけ。台所で彼女が紅茶を淹れている。

 

タイムトラベルをするための道具を探していた夢だった。網でできた四角い袋と、テレビリモコンのような装置を使おうとしていた。なんだか後ろめたいような、わくわくするような気持ちだったのを覚えている。そういえば家族もいた。昨日の続きのような気もする。

 

珍しく紅茶を飲みきってしまった。彼女の紅茶は美味しい。今日の仕事は調子が良いような。熱っぽくて怠い。身体が火照っている方が、仕事に集中できている気がする。思考の読めない仕事仲間が1人。立ち居振る舞いを考えなければいけない。仕事の事だけを考えていたい。

 

昼ご飯がファミレス。ランチセットを食べ飽きた。でも安いから注文。フォークの背中にナイフで寄せてご飯をのせる。あれ、こうして食べるのは御法度だったか。確か文化の違い、国の違いだった気がする。構わない、私の国ではこうする。日本のファミレスの中でくらい好きに食べる。カレー風味のスープ。舌が「またか」と言う。風邪の処方薬を飲む。眠い。

 

天道虫は、てんとうむしは空の方に向かって登っていって、てっぺんで飛び立つのではなかったか。通路に居る。踏まないように拾って、指にのせて、そら、と上を向ける。飛ばないな。怯えているのだろうか。階下に降りて葉っぱに乗せてやった。不思議だなあ。仕事が終わる。

 

過去、お気に入りだった曲を発掘。そういえば、と思って聞いてみる。‪確かにこれは1曲リピートしてしまう。昔の自分に共感。‬こんなに自分の心地に合う曲は、恐らくこれからも現れないだろうという確信がある。誰にも内緒にしておこう。その1曲だけを繰り返し聞きながら、家へ向かう。

 

帰宅。私の方が早かった。今日は稀有なことが度々起こる。覚えていないだけか。彼女が考え事をしている。そんな顔をしている。そうか、もうすぐ週末か。疲れも溜まっているのだろう。料理をしながら、仕事の話をする。私には祈ることしか出来ない。一番良い形に、一番でなくても、今よりも良い形に収まりますように。せめて、安らぐ場所で在れたら良いのに。

 

グミを貰ってきたらしい。開ける。可愛いパッケージに果物のグミ。みかんの実の形をしたものが酸っぱい。「ビタミンCが足りていないんだよ」。そういえば、アセロラジュースを最近口にしていないことに気がついた。

 

絵を描かなきゃならない。絵を描きたい。でも、仕事の後って気合いが入らない。頭が痛い。それでも、明日も仕事だし、会話はするし、トイレも行くし、仕方ない。何かを負担に感じたくない。負担に思うのは仕事くらいでいい。その他は好きでやっていたい。だから趣味なんか仕事にしたくない。趣味を仕事にする事で、成功する人間は、そうすればいい。私はしない。それだけだった。何か新しいビジネスモデルを。何か見つけられたらいいなあ。

 

明日はキッチンペーパーを買ってくる。と、決めたことを思い出した。