小噺

虚構を少々

2017/04/10 晴れ のち 曇り

何でもないことを言って、昔から憧れている人物と距離を縮めようとしていた(こいつは忘れた頃にいつも顔を出す)。私ともう一人いる。水色、ピンク、白、3色の、3つのイヤホンと、1つの大きなプレイヤー。何とかして手に入れなくては。フォロワーが減ってる?

 

仕事仲間。軽いノリだ。私は着替えをした。飲みたくない飲み物(完全に世間で言う水素水の立ち位置)の、名前が気になって飲む、が、吐き気がしたのでアイスティようなものを飲み直す。やってきた車に上司。着替えをしてから自分の場所に戻るために走る。級友を2名見つけて、手を振る。もう1人、そこまで仲の良くなかった友人に相談を受けながら、代わりに道案内をしてもらいながら、進む。ゲームのような世界が広がっている。横スクロールゲームを体感する目線のような。向日葵のパネルがしょぼくれている。話しかけると咲いて、色々な言語、タッチで描かれたパネルに忙しなく切り替わる。

 

家の中に誰かいる。彼女と目を合わせたのだが、乱暴な口をきけば殺されるような気がして、なんてことはなさそうに外出のタイミングを待つ。いってらっしゃーいと扉から出ていくのを見送ると、今度は玄関の前にきついビジュアル、目に痛い色の4人組の女性達がいて、入ってこようとしている。回線の勧誘をしてくるが拒否。何とかして扉を閉める。大学に連絡を入れるように彼女へ。何故か彼女も大学生だった。しかし扉をこじ開けてでも入ろうとするので武器を探して、力尽くで開けられた途端に戦い始める。切っても死なない。どうする? どうする。

 

────胸糞が悪い! 酷い夢だった。3本も見て良くも覚えていたものだ。疲れた。何だかどっと。朝はゆっくりだ。大学4年の朝。何か音がないと何も捗らない気がする。孤独のグルメを再生しながら支度。腹は減ったが朝飯を食う気分ではなかった。代わりに動画を見ているという感じ。

 

鞠の様な花が咲いている。桜だ。群れの中に1つだけ、逃げ出して来たように葉が咲いている。週末に散るという話を聞いていたので、嬉しいような複雑なような気持ちがする。来週まで咲いていたらもう一度花見をしたいな。1人で思っている。年配のカメラマンを何人も見かけた。

 

研究室での活動は終わり。電車に乗ると新しく高校生になったと思しき学生たちが大勢居る。ぱりっとしたブレザー、毛玉のないカーデガン、埃を吸っていないリュックサック、傷の少ないローファー、いいなあ、真新しい。きっと今、楽しい。そうやって歴史を作っていけば良い。体重のかけ方を覚えていくんだ。大切なことだ。私は学生最後の年で、仕事をしながら、研究をする。もう、探すものは特に何もない。