小噺

虚構を少々

2017/04/12 晴れ

遮光カーテンが黒くて、それを開けたらレースのカーテンは白い。白いので、朝起きるといつも曇りかなと思ってしまうし、1度晴れなのを確認してもやはり曇りのように見えてしまうので、今日はニットを着て、それで、暑かった。

 

夢。同じところで仕事をしていた。やっぱり悪くない。あと失くしたかもと思っていた彼女のヘアバンドの色違いを発見して「あ、良かった、あった」と思った。ねえよ。目が覚めて探したけどなかった。ねえよ。

 

書類関係のことを申請しに行くためだけに大学へ向かう。交通費片道1,500円を使って移動。大学4年にもなるとほとんど大学に行かなくて良くなるので定期を買うのは辞めた。そのかわりに目に見えてどんどん現金が減っていく様を見送っている。何かドブ川に財布投げ捨てているような気分だな。申請に関する情報を母親と共有。人と喋るという生産的な行動をすることでどことなく今日の自分を保っている気がする。表情を気にする時間が少なければ少ないほど文明を多く利用している。情報源がアナログに近づく程に表現が必要になる。

 

別に体温が必要だとは思わないんだけど、生まれた順番が早い程、温度が必要だと思う人の割合が多いんじゃないか? と思う。履歴書とか電話とか。手紙とか。やりとりの場面において。そういう人たちが人間を終えていくにつれてどんなふうになっていくんだろう。いよいよ体温を感じることなく全てが可能になるのではないか。良いとも悪いとも言えないし言いたくない。でも多分これは面白い。

 

自分が現在を生きているという感覚がある。事が悲しい。嫌だ。一生に追われている。生きるために生きているというような感じ。明確な何かの為に生きても良いと思えない感じ。自分の命を抱えて走って、凄い速さで死んでいく。ゆっくりで良いという言語を理解するための器官だけ先に壊死した感じがする。生きるためには早くしなくちゃ死ぬぞという恐ろしい感覚。人生に向いてないと思う。まるで子供の様な気分の重さ。

 

襟足の刈り上げが伸びてきた気がするのでそろそろ切りたい。何か1つでも満たされていないと目立ってしまって満足いかないんだと思う。だからいつまでも追う事を辞められないんだと思う。みんな大変だな。生きている限り何か欲しがる。最後の瞬間まで多分、生きたがるか、死にたがるか、そのどちらかだと思う。